e87.com(株式会社千趣会イイハナ)  楽天トラベル株式会社

2007年06月21日

ショックなこと

ショックです。。
遅れている、遅れた地域であることは充分に分かっているつもりだったけど

     公的期間の譲渡情報     迷子札の提言 ポスター風.gif


こちらのページを見て、ほんとうにガッカリしてしまい
縁起でもないけどショックの余り、あんなの作っちゃいましたもうやだ〜(悲しい顔)

     昨日も脱走しようとした男、、、
     つけてりゃいいってもんじゃないんだゾ!!顔(汗)
     
だってウチの県、ワンコの拘留期間が全国一短かいんです。
2日間の公示後っていばって書いてあるけど
一体、どこで公示してるってのよ!!!むかっ(怒り)



ざっと見て、3日間〜の拘留が一番多いみたいだけど
たった3日じゃ、
「もしかしたら帰ってくるかも。。」って思って
近所を探しながら待ってる人だって多いと思う。

本当はすぐに届け出るのが基本だけど
必死に探して、探しまわって暗くなって帰ってきて
「あっ!電話しとかなきゃ!」。。と思いついたら時間外だった。
ってことだって多いと思う。
だって、どうにか少しでも早くみつけてあげたいって
気持ちだけが先走りしちゃうもんでしょ?

たとえギリギリ時間内に思いついて連絡できても
「また明日にして下さい」とか「今日はもう終わりなんです」
なんて平気で答えるし、面倒そうならたらい廻しなんて当たり前!
残業なんてする気もないわよ〜♪、、なんて素振りの公務員なんて
多いもんです!(しかも私より確実に給料は多い!怒)

                  って、ちょっと脱線(笑)


ましてや電話だけじゃ伝わらないことも多いし
見過ごされることだって多いらしい。
各所で連携がないから警察、保健所、愛護センター。。。
県内の保護施設を一つづつ個人が確認して歩かないといけない。

それでも担当が違えば見逃されるし、せめて
他県のように収容している子をネットで公開もしてくれないと
平日、何日も仕事を休めないから確認にいくことだってできやしない。

とっさの場合
そんなに何箇所も思い出せないし、まず近所を探すので精一杯!!
たった2日間の公示じゃ、
迷子になったら諦めてくださいって云ってるもんです。

手間かけたくないからとっとと処分!が前提ですか?
広報にも載らず、ネットにも掲載せず
ほとんどの人が気付かないような公示方法で終了だなんて、、
飼い主がいるかもって、探す気なんてまったくないんですよね?
って聞きたくもなります。

どんなに現場の人ががんばっていても
“お役所”という縛られた社会の中、ましてや
すでに区切られた命の期間の中で一体何ができるというのでしょうか?
出来る事には限りがあります。
でもここでしか出来ない事、助かる命もたくさんあるのです。

っつか、なんの為に登録なんてさせてるわけ?
純粋な意味での野犬なんて、今の日本のどれだけいるのですか?
ちょっとの冒険が帰れなくなって
それでもがんばって生きぬいてきた子や
ずっと帰り道を探して放ろうしている子だっているでしょう。
お年寄りの心の支えであった子達の中には
引越しや入院、ホーム入居に伴い行き場をなくして
来ざるを得ない場合だってあります。

その日までずっと、人を癒しつづけてきた家族の一員であるその子が
老いたり、病気になったり。。
看取ることなく連れてこられる事だってあります。

無責任に繁殖させて、捨てられた子たちが
助け合って生きぬいてきたのかもしれません。


今日までそっと寄り添ってくれた友人たちに
感謝こそすれ、追いたて命を奪い取ってよいものでしょうか?

ただただ追いたてるだけの冷たい社会と成り下がった私達です。
せめて小さき命を守り、慈しむ心くらいは取り戻そうではありませんか。




昔、会社の犬が一時迷子になった時
飼い主である社長の奥様はおっしゃった。

 「だれかが拾って飼ってくれてるかもしれないから」


田舎の、のん気な一般市民の意識です。


 ※この時は偶然、拾った方が自宅で保護して下さり
  翌々日の地域新聞に自費で広告を出してくれたので
  見つかりました。

  でも私達が頼んだ時、新聞社には断わられました。 
  一度載せるとこの手の依頼は多すぎて
  他の記事が載らなくなるからだそうです(怒)



保健所に連れて行けば、飼い主がみつかるまで
面倒見てくれるって思ってる人だっているんです。

何故そう思うのか。。そうあって欲しいと思っているからです。


受け入れる側が変わってくれないと
無知な市民(県民)は、何も知らないまま罪を。。
生き物を苦しめて殺していることすら知らずに
殺生を重ねなければいけないんです。



 【 適正を見極めつつ“譲渡を最優先に”業務を行う!】

    厚生労働省告示・環境省事務連絡にて
 19年5月1日付けで全国の自治体に通達が出されました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

  【 処分は、殺処分だけではない!】
  【 適性があると認められるものについては、
    できるだけ生存の機会を与えるように努めること!】  



ご存知でしたか?
あまりにも多い殺処分数を見かねて
少しではありますが、国も動きだしました。


   “殺処分はしません!”

そう言い切った県もすでにあります。


「新しい飼い主探しネットワーク事業」を自治体が起こし
まず譲渡ありきの活動をはじめた県もあります。


積極的にボランティア団体に情報を送り
協力して取り組んでいる自治体だって沢山あるんです。


それでも、どうしても決断しなければいけない時。。
せめて安らかに旅立てるようにと
出来得る限りの努力を続けている現場の人達がいるんです。
   コチラも是非ご覧下さいねv かわいい奇跡の母子犬


迎えに行ったその時にはもう、、間に合わず
ずっと後悔しつづける飼い主たちがたくさんいます。

引き取りたくても、規約にしばられて
待たされたあげく助け出せなかった人だっているんです。


心優しい人達を傷つけ続けてなにが維新だ!
「住み良さ日本一の元気県づくり」だ!


小さな命を大切にできない国が
弱者である国民をも平気で切り捨てれる国が先進国であるハズがない!


国のレベルがあがるのを待つよりも
まずは地域のレベルをあげましょう!


国からの通達を一日も早く実施することを訴えて下さい!

 「処分は、殺処分だけではない!」ということ。
 「譲渡を最優先に業務を行うこと!」であることを。


小さな命と共に
安心して終生、過ごしたくなる県であるように
どうか少しづつでも変わっていってくれればと願います。


せめて、保健所やセンターに保護された犬たちが
「最後まで温かく見守ってくれてありがとう」

そういって旅立てるように
人間達の都合で左右される小さな命を
最後まで看取ってあげるれだけのわずかな心を
忘れない国民であってほしいと思います。 


 今年(2006年)の遺失物法改正により、所有者不明の犬と猫は
 警察が受理しないことになりました。(2007年12月施行予定)。

 飼主不明の犬や猫を保護した人(拾得者)は、警察ではなく地方自治体の
 動物施設(保健所、動物愛護センター、犬抑留所など)に届け出るように
 指示されることになります。

 ただし、首に鑑札(犬の登録の証明)や、迷子札がついていたり、
 マイクロチップが装着されているなどして所有者がいることが確認できる
 犬と猫、および犬猫以外の動物についてはこれまでと同様に「遺失物」
 として、警察の取扱いになるんだそうです。



警察なら2週間は預かってもらえます!
もしもの時の為に、、、

迷子札、つけてくださいね!!!

ニックネーム まう at 12:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 飼い主のたわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新しく行き始めた獣医さんがマイクロチップなんて、規格が変わるから今はしなくてもと。ベスはやってるのですが、チェロットはまだでした。やはりほかの病院で直ぐやります。首輪が抜けてしまえば捨て犬におもわれます。
あの子達の代わりはいません。たとえ他の子を飼っても私は傷ついたままでしょう。
今、ベスが骨折が直らないのですらすごく辛いです。

**********************
  ええっ!!ベスちゃん、骨折されてたんですか?!
  心配でしょう?でも大丈夫!
  折れた骨は、前より丈夫になってくっつくんです!
  ゆっくりに見えても、ちゃんと治ってますから
  ベスりんさんはで〜んと構えて受け止めてあげてくださいねv

  それと、確かに規格は変わってしまうかもしれないけど
  まずは近くの保健所がマイクロチップに対応してくれて
  いるのかどうかが一番の問題なのかもたらーっ(汗)
  施術の前に、それを確認してからの方がいいのかもしれませんよ?

                         飼い主 まうより


Posted by ベスりん at 2007年06月21日 21:52
殺処分に関する意識がかわりつつあると聞いて少し嬉しかったです。せめてガスで苦しみながら死ぬのではなく、薬で安楽死させてくれないか、とずっと思ってきました。そのために税金が高くなるのであれば私は喜んで払います。

マイクロチップはメーカによっていろいろ規格があると聞いています。地域の保健所でどのマイクロチップに対応したマイクロチップリーダーを置いているのか確認した方がいいようです。地域によっては保険所でマイクロチップリーダすら置いていないところがあると聞いています。

私の住んでいる地域では日本で出ている数社のマイクロチップすべてが読めるリーダがあると確認したので、うちも近いうちにマイクロチップを付けようと思っているのですが、未だまだやっていません。まうさんの記事を拝見して、うちも早く着けなくては、と思いました。

******************
  横浜市は、いろいろな面でチャレンジされている感がありますよねv
  都心部と違って、地方である我が家では
  まず施術してくれる病院すら少ないのですよ(´・ω・`)
  せめて保護状況を公開してくれるとか、環境庁の公開データに
  協力してくれるとか、、なんとかしてほしいなって思います。
  ワースト2だった福岡はどんどん変わっていってるので
  近くの見本を良い形に反映してくれたらいいんですけどね顔(ぷんっ)
  でも、飼い主さんたち一人一人の意識が変われば、行政も変わらざるを
  得ませんからね!! 我が子を守るのはこういった地道な努力からですよ〜♪
  がんばりましょうねv

                         飼い主 まうより

  
Posted by さるんばママ at 2007年06月21日 22:16
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/895801
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』     アニメ工房バナー.gif tpb_member.gif メールギフト365